豆もやし

この前スーパーで買った「キムチ豆もやし」がめちゃめちゃ不味かった。一袋70円でおつまみに最適!という風に書いていたのでこれはいい、と思って買って食べてみたところありえないくらいの苦味とキムチの酸っぱさと豆もやしの臭さがふんだんに使われていて久しぶりにこんなものは食べられない・・というものに出会ってしまった。

本来好き嫌いがあまりないので、これだけは食べれないというものはあまりないのですが唯一この豆もやしがエントリーしてきた。食べれないほど不味いものに出会うと驚いてしまう、と同時に少し怖くなる。こんなに不味いものが世に出回っているということは、この商品をOK出した人がいるというわけでこれをもしかしたら不味いと思っているのは自分だけなのか、と思い恐る恐る一緒にご飯を食べている人に「これあんまり美味しくないよな?」と確認すると相手も「うん。美味しくない」と答えてくれて一安心してそこからは仲良くご飯が食べれる。


ただここで「え?いや別に美味しいけど」とそれをバクバク食われ、後から来た友人たちもそれを美味い美味いとバクバク食い始めたらもうダメで、こんな不味いものをよく食うな!といってもこっちがおかしいだけになり共感が得られない。僕がもし扉を開けて、あのキムチ豆もやしを大量の人間が笑いながらバクバク食いまくってる部屋に入ってしまったとしたら恐怖でそこにいられないと思う。絶対に分かり合えないからだ。


僕はあまり映画をつまらなかったなあ~と思ったことがない。だいたいの評価が「面白かった」「すごく面白かった」という感じになり、たとえあんまりだなあと思ってもつまらないというよりよくわからなかった、という感じになる。だから一緒に映画を見た人が感想で「つまらなかった」と言っていても別に気にならない。自分のすごく好きな映画も見る人が違えば、全然つまらないということなんてよくあることだろうしつまらなかったという理由を聞くことでその人の物の見方とかが少しわかる気がして全然コミュニケーションだと思う。

ただ、料理は怖い。あんなに不味いキムチ豆もやしをバクバク食べれるなんて、おかしい、あなたは私と違う、こわい!と思う。部族の番組とかでよくある虫を食ってスタジオの人たちが「えええ~!!」と叫ぶ、あのえええ~!!は明らかに「こんなものを食ってるなんて私たちと違う!」という叫びで、その虫を食うことでそのタレントはその部族に認められる。という流れになるのが多いのも相手の食文化に飛び込む、というのはそれほどすごいことであきらかに別世界への一歩だからだ。


大人の食べ物、という言葉もこれが食えたら大人という別の世界への一歩だよねという感覚があって言葉になっているのだと思う。僕の場合は日本酒が飲めるようになったのが最近では別の世界への一歩だった。お酒を飲み始めた時はビールやチューハイなどを飲んでいた。日本酒を始めて飲んだ時はダメだ!!こんなもの苦くて辛くて飲めない!!と思っていたのですがある日お酒が何もない時、もらいものの日本酒だけがあり、それを飲んでみたところ、以前よりいける気がした。そこで僕はネットなどで日本酒が出てくる漫画や日本酒最高!みたいな内容の文章を探してたくさん読んだ。

僕は結構そういうものに影響を受ける部分があり、割と最近まで固形チーズがまったく食えなかったのですが何かの漫画でチーズとビールを美味そうに食べて飲んでしているキャラが出てきたのを見て無性に食べてみたくなり、食べてみるとやはりまだ苦手な感じはあるけども、ちょっと美味いと思う部分もわかるということがあったりしたのです。

そこから日本酒が少しずつ飲めるようになり、今ではビールにつぐ好きなお酒第二位になっている。日本酒は持ち運びができるのがよくて、以前空のペットボトルに日本酒を入れてライブ会場に持って行き、ライブが終わったらそれを飲もうと思っていたところ先輩芸人にそれを発見され「木田は、ペットボトルに日本酒を入れて持ち歩いているの?」と聞かれ非常に情けなくなりました。

しかしそれからしばらくしたころに別の人がもう芸人を辞めたけどめちゃめちゃだった芸人さんの話をしていて、そのエピソードのひとつに「空のペットボトルの中に日本酒を入れてきてそれを舞台の袖でずっと飲んでる」という前半部分だけまったく僕と同じという話があり、そうはなったらおしまいだと思いもうやってません。清潔感をゲットしないといけないからです。僕はガクヅケというお笑いコンビをやっているのですが、売れるためにあと必要なものは清潔感です。

ネタはやっていけばさらに面白くなるでしょう、経験やキャリアを積めば芸人的な部分はしっかりとしていくでしょう。しかし外見は、外見はそれ以外の部分で努力しないと変わらないのです。

僕は可愛らしい彼女がいるのですが、その彼女とこの前くら寿司に行った時に「しゃりカレーうどん」という細長いお皿にカレーうどんとちくわの天ぷらが入っているものを食べていた時、最後ルーがすごく余ったので皿をつかんで持ち上げルーをズズズズ・・と目を閉じて吸っているところを彼女にスマホで撮影されてしまい、それを見たところこんなに情けない姿があるかというほど情けなくこれはダメだ、これはどげんとせんといかん、と思いました。しゃりカレーうどん自体はめちゃめちゃ美味しいんですけどね。その写真から伝わるのは1杯のしゃりカレーうどんを泣きながら味わって食べてる、みたいな切なさと危うさがありました。普通に美味しく食べてただけなのに。いつかくら寿司のCMができるようになったら、あの目を閉じて皿を持ち上げしゃりカレーうどんの最後のルーを吸っている姿を
写してもらって「木田食い」みたいな名前で流行らせてほしいです。吉野家の「管田スペシャル」みたいな感じで。

くら寿司すごい美味しいですよね。ぼくは肉厚しめさばが好きです。めちゃめちゃ好きだ。あとは最近「天ぷら定期券」というものをゲットしました。これは300円で購入すれば、はなまるうどんで天ぷらが1個無料、しかも吉野家でも使えて吉野家では丼や定食が80円引きになるというスーパーカードです。これを会う人会う人に勧めてるんですが「天ぷら定期券がすごいんです!」「天ぷら定期券もう持ってますか?」と「天ぷら定期券」という言葉を使う度に未だ遠いメディアの世界がまた1歩、また1歩と遠くなる気がしてしまいます。

これもひとえに自分の清潔感の無さが原因なので、いつか綺麗な姿になり、ワンランク上の天ぷら定期券が似合う男になりたいです。キムチ豆もやしにキレているブログを書いてしまっている時点でまだまだ遠いです。終わり。

[PR]
by akuta-seiryou | 2017-09-25 22:43 | 日記 | Comments(0)


<< オフィス 夏休み >>