<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

引っ越し

この前朝方のファミレスにいたところ、少し離れたテーブルに座っているタクシードライバーのようなおじさん5人組ぐらいが楽しそうに話していた。
店員さんとも仲が良さそうで、自分たちの注文したご飯などを一人が厨房まで取りに行ってお盆の上にそれらを乗せて「お客様。お待たせいたしました」と言って仲間のところまで持っていき皆で笑っていた。楽しそうでいいなあと思って会話を聞いていると、一人が「俺あいつの面白さがわかんねえんだよなあ」と言って少し考えて「・・マツケンサンバ」と言っていてビックリした。あれから何年もたってるのにまだマツケンサンバのおもしろさがわからない、という事で愚痴ってる人がいるのかとそのおじさんたちを見ると皆「わかるわかる」みたいな感じで頷いていた。そんなホットな話題なんですかマツケンサンバ。もしかしたら僕の知らない間にまた1曲出していて、そのことを言っていたのだとすると恥ずかしいのですが調べるのも恥ずかしいのでそのままにしておきます。

もうすぐ8月がくる。夏だ。夏がきます。実家の奈良に住んでいた頃は冷房をガンガンにきかせてリビングでラーメンとアイスを食べていました。しかし今住んでいる家でそんなことをするとありえない電気代が一緒に住んでいる相方の船引さんにまでかかるのでさすがにそんなことはできず、実家の冷房が恋しい。実家というと、突然ですが僕が今可愛がっている後輩芸人に「おいけ」という子がいるのですが、おいけには実家がない。話がややこしいのですが、なんとなくで言うと15歳の時に母親からお金はあげるからそれで一人暮らしをしてと言われたらしい。なのでおいけは15歳のころから21歳の今までずっと一人暮らしをしているということになる。

おいけと初めて会ったのは僕が所属しているマセキ芸能社というライブの事務所ライブで、おいけがマセキに入るためのオーディションライブに出演する回に僕らもたまたまゲストでネタコーナーで出ることになっていてその時に出会った。ずっと周りをキョロキョロ見ていて変なやつがいるな、と思って「控室とか場所わかりますか?」と聞くと「ああああ~~!!!」と立ち上がって「ありがとうございます!!」と大声で言ってきて変な奴だ!!と思ってそれでも喋ってると仲良くなった。出会ってすぐにおいけは「実家がない」というのと「バイトを50連勤ぐらいしている」というのと「部屋が群馬にあるので、なかなか帰れずにずっとネカフェに泊まっている」という話をしてきてその日以来よくおいけを家に泊めている。

一度僕はおいけと一緒に住もうとした。一緒に住むといっても、今は船引さんと住んでいるのでその家は残したまま、おいけともう一部屋借りようとしていたのだ。それを思いついた時これはいいぞと思い、今住んでる家の辺りの物件を探していると風呂なしトイレ有り6畳で2万円という破格の物件を見つけた。僕はおいけに早速それを報告すると、おいけは「素晴らしいでございます!!」と言っていた。おいけは子供の武士みたいな喋り方をたまにします。

その何日か後にその載っていた不動産屋に電話をすると「その部屋ですね!空いてますよ!」と言われ嬉しくなり「内見いけますか?」というと「はい!ああ、でも、あのですね、一応そこ告知事項がありまして」と言われ「老人がお亡くなりになってるんですよ・・」と言われた。僕はよく都市伝説とかで告知事項とかそういう言葉は聞いた事はあったが生で聞くのは初めてなので「ああ、そういうのほんとにあるんですねえ・・」とアホみたいな返事をしてしまって「ええ・・まあ・・」と気まずい雰囲気になったのですが、話を聞くと老衰で亡くなったとのことでまあ自殺や殺人ならあまりにも怖いので嫌ですが老衰ならまあ何とか気持ちを切り替えることができると思い「お願いします」と内見を予約した。家からめちゃめちゃ近い物件なので30分後に駅前の不動産屋に行って、そこから担当の人と一緒に行くことになった。担当の人はニコニコした若い男の人でしきりに「まあでも、老衰ですからねえ。寿命というのはありますから!」と言っていた。

不動産屋のお兄さんに案内され、そのアパートの前についた。外観は木造の見るからに古いアパートで、2階にあるその部屋にいくために階段を上るとギシギシ音を立てていてめちゃめちゃ怖かった。お兄さんは一つの部屋の前に立ち「ここですね」と言って鍵を開けて入っていった。僕も後から入ると、中は思っていたより綺麗で、というか普通にめちゃめちゃいい感じの部屋で壁も綺麗だし畳も綺麗でここが2万円!?という感じだった。「隣の部屋も一応ありまして、おんなじ間取りなんですけど隣は3万です。ちょっと見てみます?」と言いお兄さんが隣の部屋に連れて行ってくれた。隣の部屋は壁も汚くて畳もボロボロで、むしろこっちで老人が亡くなっているんじゃないかと思うほど雰囲気が悪くもう一度さっきの部屋を見てみようと廊下に出ると、さっきまで僕と喋っていた不動産屋のお兄さんがおじいちゃんと喋っていた。

不動産屋のお兄さんが「この方、隣に住まれてる方です」といってくれたので僕が挨拶をすると、そのおじいさんが「君、ここに住むの?」と聞いてきた。「いや、まあまだわからないですけど、2万はちょっといいですよねえ・・」と言うとそのおじさんは「いやいや住まねえ住まねえ!5000円でも10000円でも住まねえよ!だってよ!ここで人がグチャグチャに腐って死んでたんだぜ」と畳を指差して言って来た。さらにそのおじいさんは「俺もあいつと仲良かったからよ、何かあったら壁蹴れよって言ってたんだけどな、しばらく見ねえし大丈夫かと思ってたらよ扉のとこからくっせえ臭いがしてきてよ。開けてみたらグチャグチャに腐ってたのよ!!」と言ってワハハハと笑っていた。不動産屋のお兄さんを見ると、お兄さんも笑ってしまっていた。そのおじいさんは「住まねえ住まねえ」と言って自分の部屋に戻っていった。

そこから僕と不動産屋のお兄さんはお互い何か喋るでもなく、じゃあ帰りますか、、?みたいな感じになって二人で帰った。帰りの道で何か気まずかったので僕が「僕お笑いをやってるんです・・」ということを言うとそのお兄さんが「あー・・!あ!そうなんですね!、、そうだ!今度見に行きますよ!」と間違えた返事をしていた。気まずすぎて二人ともおかしくなっていた。そんなこともあり、おいけと住むという話はなくなってしまった。誰かめちゃめちゃ金持ちの人においけと僕の部屋を提供してほしい。おいけは夜勤終わった後に日勤を入れて、日勤が終わったらお笑いライブを見に行って、そのまままた夜勤に行って、、という暮らしを延々としていて(35とかで死ぬんか)と思っていたら「おいけは30歳で死ぬのでございます」とこの前言ってきたのでほんとにそんなつもりだったみたいです。おいけはあと9年で死んでしまいます。誰か助けてあげてください。

[PR]
by akuta-seiryou | 2017-07-27 11:54 | 日記 | Comments(2)