<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏休み

この前マセキの事務所ライブを家族が観に来た。僕の家族は奈良に住んでいるのだけど、お金がもったいないからと母親、父親、弟の3人で8時間かけて軽自動車で東京まできたらしい。母親が自分で「軽ってなあ笑」と軽自動車で東京までくることを笑っていた。自分で笑わないでほしい。深夜の3時ごろに奈良を出発して11時ごろに東京についたという話なんですが、スタンドバイミーみたいでいいなと思いました。静岡のパーキングエリアで蕎麦を食べたらしいです。

ライブも終わり、家族で久しぶりに焼肉を食べに連れて行ってもらった。そこで前に僕らがABCお笑いグランプリという大会の最終予選に進んだ時に父と母が会場まで観に来てくれていたので感想を聞くと「船引くんは体が震えてて、光世は顔が真っ赤になってたなあ」と言われてへこんだりした。まだまだですね。その後両親は新宿のホテルに泊まり、弟は僕の部屋に泊まることになった。

僕は他の兄弟と比べても割と弟が好きな部類に入ると思う。年が7歳離れているので可愛らしいし、背も低くて可愛いのだ。弟が小さいころからずっとチュウをしていて、高校の時に僕がバイというのを知っている友達が家に遊びに来た時にふざけて弟にチュウをしたら、友達に弟のことも好きなバイと思われて「ほんまにそんなんあかんと思う」と言われいやこのチュウはバイ関係ないから、と訂正しても納得してもらえなかった時に弟にチュウをするのは自然なことではないんだとわかった。他の兄弟もチュウをしてると思っていた。あと2年前くらいに弟が東京に遊びに来た時、弟をひざの上に乗せて抱っこして座っている僕の写真を船引さんが撮って見せてきたのですが、その写真がめちゃめちゃ気持ち悪かった。なんというか、弟を後ろから抱きしめる感じで手を伸ばしていて体をぴったりとくっつけていて、隙間なくくっついて顔も弟の首のところに後ろからもたれかけていて依存を表現した、みたいな雰囲気の写真だった。足りてないものを補うというのか、子離れしていない母親の不気味さみたいな悲しい気持ち悪さがあった。よくない。

弟はポケモンGOのイベントに行きたかったらしく、翌日それをやりにいこうということになり横浜のみなとみらいまで行くことになった。みなとみらいで降りてしばらく歩くと広い公園みたいなところがあり、どうやらそこでレアなポケモンが捕まえられるイベントが行われているらしく弟は大喜びでポケモンGOをプレイしていた。僕はというとポケモンGOをやっていないので弟の横をついて歩いていたり海沿いだったのでくらげを見つけて少しテンションが上がったりしていた。久しぶりに弟と遊び、お兄ちゃんと言われ(「お兄ちゃん」と弟から言われると”俺はお兄ちゃんだ!!”という気持ちになり気が引き締まる感じがするのです)良い感じの気分になり、ポケモンGOも一通り遊んだので電車に乗り帰ることにした。しばらく地下鉄に乗り、山手線に乗り換えると、おそらく40後半を過ぎているかと思われる男が電車のドアのすぐ横の座席を壁にしてもたれられるスペース(そちら側のドアが開くと大量に人が降りる場合1度ホームに出ないといけないスペース)に立っていた。その人はとても混んでいる電車の中にもかかわらず、真っ黒な大きいリュックを背中に背負ってかたくなにそのスペースを譲らず、その時点で僕は変な人だなと思ったので弟と一緒に離れたところに移動しました。

普通に電車が動いている時でもその人はそのスペースを堅守しようとするので周りにガンガン体やリュックが当たっていて周りの人もあからさまに迷惑そうな顔をしていて、僕が弟に怖いなあと言うと弟も黙って頷いていました。駅が恵比寿についたとき、何人かの乗客が降りていくのに少し遅れて1人の若い女の人が「すいません。すいません」と言ってホームに降りようとすると、その男の人が両手で吊革につかまりその女の人が降りてくるのをガードするように車内に背を向けて立ち塞がりました。女の人はその男に降りるのを阻まれてしまう形になり、慌てながらすいません!通してください!と言ってもう一度いこうとすると、男が自分の体を振り子のように大きく前に揺らし、そのままうしろにつっこみ女の人を弾き飛ばしました。女の人は床に倒れてしまい、周りにいた人があんたなんなんだ!と言うと「俺はこのリュックに大切なもんが入ってるんだからさ!触るなよ!」と怒鳴って車内を凍りつかせました。女の人はその隙を見て走って降りました。

それから僕らは黙って電車に乗り、新宿についたので降りると弟が「東京ってあんな人がいっぱいいるん?」と聞いてきたので「いっぱいおるよ」と言うと「すごいなあ・・」と言っていた。騙せた。本当はちょこちょこしかいない。ただ弟が「普通じゃなかったなあの人・・あ、でも普通とかは言ったらあかんな」と高2にして普通という線引きを使わないというモラルが育っていて素晴らしいと思った。「お兄ちゃんは、お兄ちゃん、て呼ばれる時とああいう人がいるのを見たときにテンションあがるねん」と言うと「一緒にすんな」と言っていた。しっかりしている。頼むからお母さんが現在進行形でハマっているスージーコインも止めてくれ。僕の弟にしかできない仕事です。頼んだよ。

そんな弟ももう奈良に帰り、僕らはキングオブコント2回戦で敗退してしまい、そろそろ夏が終わりそうになってしまっているのですがなんと駆け込みで8月26日に由比ヶ浜でラップのPVを撮る事にしました!!夏のうちに1曲ラップを出したい!!という強い思いが8月の真ん中あたりにきまして、知り合いのトラックをメイクできる人に声をかけてトラックをつくっていただきめっちゃ夏っぽいメロディーのトラックをもらいテンションが上がり、イケメンや美少年をたくさん集めて海でPVを撮ろう!!と思い立ち、知り合いづてに声をかけてもらったりTWITTERで「16歳~25歳までの男性を募集しています!」という怪しさ全開の告知文を投稿したりというかいもあってか今のところイケメンが6人揃うことになっています。

イメージとしてはRIPSLYMEさんやNOBODYKNOWSさんのようなPVを撮りたいと思っていて、海沿いを歩く僕をイケメンたちで囲んでもらってラップしたい、という感じですのでもし8月26日にいけるよ!!という人がいれば僕のTWITTERから告知画像を見て諸々の条件をOKしてもらえればきてほしいです!!!いい夏にしましょう。僕はこの曲の前に「後輩君」という高校の時に好きになった男の子の曲を作ってYOUTUBEに上げたのですが、今回の曲はそれとは雰囲気をかえて涼しい夏のチューンという感じで作りたいと思います。この前その夏のやつのトラックをつくってくれたhikaruyamadaさんという方と二人でご飯を食べていて僕が「PVに出てくれる良い男の子いないですかねえ・・大学のミスターコンテストとかから探せばいいのか!どうなんですかね、山田さんもちょっとみてみてくださいよ」と延々PVに出てもらいたいイケメンの話をしているのを聞いた山田さんがワインを飲みながら「曲を作らないとPVも撮れないからねえ」と言ったときハッとしたのですがまだしっかり曲ができてません。しかしもちろん当日までにしっかりとしたものに仕上げていきます。
ご参加ください。

[PR]
by akuta-seiryou | 2017-08-21 00:40 | 日記 | Comments(0)