ガクヅケ木田師匠の後輩へのアドバイス

ごっつい家住んでよ、ほんで、ごっつい炊飯器こうて、それで、米たかして、食うたら、めっちゃええやろ。な?おまえも、そうせえや。やっぱり、生まれたからにはごっつい飯と、ごっつい家やろ。おまえ、な?わかるやろ?アホみたいに広い部屋でよ、住んでよ、叫ぶねんな、うぁぁぁ!!って、ごっついすっきりすんねん。旅行なんか、せせこましいわ。どうせ帰ってくんねやから、そんなもん。


逃げ、やな。俺も、昔は好きやったけど、旅行。いまはおまえ、ほら、いろんなところに家あるから、どこにいくのも帰るだけやねんな。逃げれへんねん。ほんなら、どないすんねん、て思うやろ?棒でな、床を、しばくねん。こう、バシッッと。人間、死ぬのだけがわからへんわけやろ?結局。そこに突っ込んでいくねんな。でもおまえ、まさかほんまに死にはできへんから、こう、飛び降りたりとかやな、そんなこともできへんから、こう、棒で床をしばくと、手がジーンとするやろ。これが死からめっちゃ離れたところにあるけど、死の感覚やねんな。俺的にはな。手が、わからんくなるねやから。ほんでそれずーっとやってたら、あー明日も、がんばろ、てなるねん。ハワイとか、ラスベガスやとか、あれは正味アホやで。棒と床でええねん。まあでもこれは、金があるからやな。金ないおまえみたいなやつがやっても、あかんで。悲しくなるだけや。ラスベガスにもハワイにもいける、でも俺はこの棒、ていうのが、ええんやろなあ。


あとおまえ、アホみたいに寝て起きて外歩いて疲れたら寝て、毎日やなあと思って過ごしてるやろけど、あかんで。アホになる一方やで。賢く生きなあかん。賢い、ていうのは、アホを外から見れるてことやな。じゃあ、アホてなんやねんな?理屈の通らん、てことやろなあ。他人にはアホはおらんで。理屈なしで動いてるやつなんて、1人もおらんで。どんなに間違った理屈でもな。だから、他人見て、アホやなぁ思ってるやつが、もっとアホやな。うんこ見て、きたないなあ、ていうて、ずっと見てるやつは、うんこよりアホに見えるやろ。これをわかってやってるねやったらええけど、わかってへんかったらあかんで。


だからおまえなんでもしたらええねん、そのかわり、アホの自分をちゃんと見ることやで。ほんならおまえ、自然と金がよってくるわ。酒鼻から飲んで、目回して、笑われても、おまえが一番それを笑っとったらおまえが賢いねん。ほんならおれ、しょんべんでうごく車に乗ってお餅で出来た家に帰るわな。さよなら。


2078年 ガクヅケ木田師匠からのアドバイス 渋谷ぼうしょにて


[PR]
by akuta-seiryou | 2018-10-09 01:07 | 思い出 | Comments(0)


ダイエット笑 >>