人気ブログランキング |

最近の弟

この前マセキの後輩芸人「銀兵衛」の小松という芸人を抱きしめて頭を撫でてる夢を見て目が覚めました。

小松は最近マセキに入ってきた後輩で、僕のお兄ちゃん欲を程よく刺激してくれる最高の存在なのです。小松は「顔が幼くて可愛くなるのが嫌でわざと自分で前髪を変に切っている」という可愛いポイントを持っており、その話を聞いたときに僕が「それがもう可愛いやんか」とホクホクした声で唾を飛ばして喋ったら苦笑いをしていました。その態度もよかった。

先日もモグライダーの芝さんというマセキの先輩から「木田今日何してるの」と電話がきて18時から集まり、22時くらいまで喫茶店で過ごしたのち、外に出てこれからどうしようかとなった時に「小松呼んでいいですか?」と聞いた。小松が23時頃に合流してくれて、そこから5時まで高円寺をゆっくり2周して中野まで歩いて駅前の広い空間に腰を下ろして喋っている間、ずっと小松のお兄ちゃんになりたいなあという思いにかられていた。

実際に僕は「お兄ちゃんじゃんけん」や「お兄ちゃん大喜利」というゲームも開発して、ご飯の席やライブの空き時間にやっている。「お兄ちゃんじゃんけん」というのは、小松以外のメンバーでじゃんけんをして勝った人が小松に「お兄ちゃん」と言ってもらえるゲームで「お兄ちゃん大喜利」は小松が出したお題に小松以外のメンバーが回答して小松が1位の回答を選び1位に選ばれた人が小松に「お兄ちゃん」と言ってもらえるゲームである。

争いに勝ってもぎ取った小松の「お兄ちゃん」もいいのだが、やはり本当のお兄ちゃんではないので本当の「お兄ちゃん」はもらえないんだなあと思うと悲しくなる。

僕は今奈良にいる弟に毎日でも会いたい気持ちを抑えながら東京で生活しているので、東京での弟を見つけたいのです。日々弟を探しながら生きているといっても過言ではないです。

先日、そんな自分に大きなチャンスが回ってきました。マセキ芸人コレクションというマセキ芸能社が3ヶ月に1回行っている大きなライブなのです。このライブには他社からもたくさんゲストが来て、MCがナイツさんでさらに大トリでネタも披露するということで毎回満員御礼なのですが、このライブに出演できることになりました。

そして当日、会場に行くとなんと手伝いに小松がいたのです。この大きな舞台でひるまずにウケる。そうすると小松も僕に一目を置く事になるでしょう。お兄ちゃんというのは弟から尊敬されるべきなのでそうすると本物のお兄ちゃんに一歩近づくということになります。

ここは絶対にウケるぞと思って挑んだオープニング、場の流れでナイツの塙さんに腕を掴んでもらい前に出して頂きギャグのようなことをするという状況になったのですが、普段は見ないような大量のお客様、ナイツさんや他事務所の方がいる緊張など様々な要因が相まり、ニヤと笑って真っ白になり舞台の真ん中に立っているだけの存在になっているのを察してくれたのかAマッソというコンビの加納さんがギャグを耳打ちしてくれたのですが、僕はそのギャグをそのまま小さな声で再現するという最悪な事態にしてしまいました。後に自主ラジオで相方の船引さんから「木田はできるんやから怯まんとやったらええねん」と気持ちのダメ出しを受けるほどの出来。あんなものを小松に見られてしまってはお兄ちゃんも糞もありません。もはや弟です。僕は小松の弟になってしまう。

最近外を歩いていて小さな兄弟が手をつないでいるのを見たりすると過去の自分と弟を見ているような気持ちになり無性に悲しくなり、急ぎ足で抜かしてすれ違いざまに顔を確認して自分とも弟とも似ていないというのを見るとホッとしたりします。

またブログ書きます

追記

このブログを書き上げた後、真夏の笑フェスというマセキの1000人規模のお笑い野外フェスがあり、それが終わった後にひつじねいり細田さんと小松と銭湯に行きました。銭湯に行く前にビールを買って飲んだら小松が「うまい..」と呟いていて弟でした。風呂に入ってる時も「最高ですね..」と呟いていて弟だった。


by akuta-seiryou | 2019-07-29 09:53 | 思い出 | Comments(0)


<< 好きな映画や漫画の話 記憶と弟 >>