人気ブログランキング |

好きな映画や漫画の話

夏なので、ブログテーマをインスタグラムの質問機能を利用して募集したところ「好きな映画や漫画の話が聞きたいです」と来たので、そちらに、私が、答えます!

好きな映画や好きな漫画を聞かれたときにみんな口を揃えて難しいなあというような事を言いますよね。「ゼブラーマンです」と言ったら少し面白くなるかもしれませんが、まだ見ていないので言えません。「好きな」というだけだったらたくさんあるんですが、そういうのって大体好きな人が薦めてた物で、まず良い印象があってから観たり読んだりするので自分発信の好きではない気がして答えるのに少し躊躇してしまいます。なのでこういう時は記憶している限り一番最初に「好きだ!」と自分で思ったものをいうのがよいのかなという気がします。

僕が一番最初に好きだ!と思った映画は「悪魔のいけにえ」です。
わりと有名な映画だと思うので見てる方も多いと思うのですが、僕が初めて観たのは中学生の時でした。若者たちをどこまでも追いかけまわして怯えさせるレザーフェイスに感動を覚えました。学内で「渡が気持ち悪い」と女子に辱めを受けたり、いきなり遠くから名前を叫ばれてヤンキーに追いかけまわされたりしていた鬱憤を映画中でレザーフェイスが暴れまわる姿にかさねてストレスを発散していた気がします。女子に辱めを受けていたのは、僕が学校の中という近い場所で男子と女子が付き合ったり女子が男子と付き合ったりする雰囲気が苦手で、そういう雰囲気が蔓延して耐えられなくなったら唾を口の中で溜めてそれを咥内でニチャニチャする音を近くで出したりしていたなどの行動をうっすらと覚えているので、そういうことの積み重ねで嫌われたのでしょうから納得です。ヤンキーに関しては納得できません。

僕は思えば異形の存在が出てくる映画が好きでした。
「フリークス」とか奈良のTSUTAYAにはないのでTSUTAYAのネットレンタルみたいな機能を駆使して借りた覚えがあります。
「フリークス」というのは見世物小屋にいる人たちの反撃、みたいな映画なのですがそれもすごく爽快でした。
フリークスを観るより前に自分より冴えない同級生3人を屋上近くの非常階段に集めて、その3人にオリジナルの人生ゲームを作ってきてもらいそれで遊んでる姿を見て嬉しくなっていた僕からすると、見世物小屋の世界観というのはとても気持ち的にシンクロするものがありました。その人生ゲームはいい出来事のマスが極端に少ない人生ゲームばかりで面白かったのを覚えています。その場所はヤンキーもあまりこない穴場スポットだったのですが、一度だけ見つかったことがあり、僕が変な奴を集めてオリジナルのチームを作っていることがバレて「そんなことをするな」と肩をしばかれました。悪いことをしていると罰があたるものです。

そういうはみ出し者が暴れまわる、とか主役に置かれてる映画が好きでした。はみ出しもの達は一定の場所にいられないので、各地を転々としたりしますが、僕も小学生のころからこんなところにずっといたくない一刻も早く外に出たいと感じていたのでそういう転々としているのもツボだったんだと思います。

一番最初に好きになった漫画は「世紀末リーダー伝たけし」です。たけし達がお化け屋敷に行く回があるんですが、それで死ぬほど笑ってたのを覚えています。割と最初の方だったと思うので読んで探してみてください。中学生になってからは「シガテラ」「ヒミズ」「僕といっしょ」など古谷実さんの漫画にハマりました。ギャグとシリアスみたいな大人のバランスにかっこいいなあと思っていた記憶があります。

他にハマったのはGANTZの作者の人が描いていた「変~HEN」という漫画です。これはヤンキーが同級生の美少年に惚れる、というところから始まる漫画なのですが、僕が実際に行っていた「好きな男の子の大きな写真を部屋に貼る」「好きだ、かわいいと言い続ける」という言動がまったく一緒、しかも美少年側の「最悪だ」「いい加減にしてほしい」という感じのリアクションなどを含めて僕の現実と同じだったのでこれは僕のための漫画だ!と思っていました。HENを広めてやろう、という思いがあったので大判本のHENを電車の中とかでも読んでました。ラストがしかも夢のある終わり方なので当時はかなり救われていましたね。漫画と僕が違うのは、主人公がかっこいいかかっこよくないかということだけでした。かっこいいと漫画になり、かっこよくないと現実になってしまいます。

あまり自分の好きな映画や漫画についてしっかりと文章にしようと思ったことがないので新鮮な経験でした。


by akuta-seiryou | 2019-08-17 05:39 | 質問コーナー | Comments(0)


<< 美少年と映画が撮りたい 最近の弟 >>