人気ブログランキング |

美少年と映画が撮りたい

皆様お疲れ様です。ガクヅケというコンビの木田です。本名は渡 光世といいます。こうせい、ではなくこうせ、と呼びます。

僕は今回クラウドファンディングをやります。クラウドファンディングというのは自分の目標を掲げて、それに向けて皆様から資金を集めてそれを元手に達成、資金をいただいた方には様々なリターンを返していくというシステムなのです。僕が何をやるのか、それは「美少年をテーマにした映画を制作する」という事です。
映画ってなんなんだ、そもそもなんで映画を撮ろうとしているんだ、という方もいらっしゃると思います。
このブログでは何度も書いているのですが、僕は高校生の時に後輩君という可愛い男の子に出会い、その子のことをめちゃめちゃ好きになりました。

僕は高校を卒業して一年間だけ大阪の映画の専門学校に通っていたんですが、そこでの映像課題「3分間で好きな映像を撮ってきてください」というのに、当時声優志望だったその子に出てもらい、僕の部屋でその子の体に絵の具を塗って、塗られて横たわっている映像とその子が学生服姿で部屋で体育座りをしている映像を交互で映したり、部屋を暗くしてライトでそのカラフルになっている体を照らしたりと本当に3分間で好きな映像を作って持って行ったところ、その授業の担当の先生が「渡君のやりたいことはわかった。素晴らしいです。拍手!」と皆の拍手を煽ってくれました。

3分間色のついた男の裸を見せられた後に拍手を強要されることへの反発からか拍手の音は少なかったように記憶していますが、自分にとっては何か作った物を人前で褒められるということに関して最初の嬉しい思い出でした。

その後も「後輩君にかつらをかぶせて暗い場所で口紅をひいてもらい、トマトをかじって体にトマトをつけて最後背中からお尻にむかってトマトジュースを流す」映像を提出して、同じ先生から手放しの絶賛をもらい、同じクラスの女子からは「渡の編集してる映像後ろから見ちゃった。最悪」と僕の映像をカエルの死体のように扱う声も聞こえてきてはいましたが、その時の僕は世界が後輩君のみで出来ていたのでまったく何の関係もありませんでした。

その後、僕はその専門学校を1年で辞めることになるのですが最後にその僕をよく褒めてくれていた先生が「渡君が学校を辞めるのはすごく残念だ。渡君はお話を作ることを辞めてはいけないよ」と泣きながら手を繋いできてくれました。人生の中でかけてもらった言葉でよく覚えているのは都合のいい言葉ばかりなので、今よく思い出したら「男の裸ばっかり撮ってるなよ。映画はそういうことじゃない」と辞める間際におじさんの先生からエレベータの中で怒られたのもありましたが、いいことのほうがよく覚えています。

その日以来、褒められたその言葉は常に頭のどこかにあり続けています。個人的な「物語」を作りたい、願わくば死ぬまでに世の中に自分がこういうことを思っていてこれを素晴らしいと感じるということを伝えた作品を残したいなあという漠然とした気持ちが大きくなり、今回この作品をつくることになりました。

その男の子を好きな身の千切れそうなほど強烈な思いというのは、もうすでに過去のものです。当時はそのことばかり考えていて、なんとか口説き落として二人で東京旅行に行くことができた時はいま死んでもまったく構わないと思っていました。クラウドファンディングのページでも書きましたが、その子に彼女ができた時は、僕の約26年の人生の中で今のところ人生で一番長い期間落ち込んで時期です。
その期間僕が何をしていたのか本当にあまり覚えていないんですが、相方の船引さんいわく(大阪の時は別のコンビを船引さんはしていて、僕はフリーターで何もしていなくてよく遊んでいる船引さんの年下という関係でした)「同じことをずっと喋ってくる。返事をしていなくても喋る。壁に喋ってるのと同じや」と言っていたのを覚えています。それがその時期の話なのかどうかはわかりませんが、僕はもう感情の起伏も自分でよくわからない状態になっていました。

覚えているのはバイト先の定食屋で居残り的に先輩から均一になる野菜の切り方を教えられている時に「俺も嫁さんが待ってるから帰らなあかんねん」と嫌味気味に言われたときに、この人は嫁がいる、俺は後輩君と付き合えない、僕の知らない女が後輩君と付き合ってる、と連想ゲームでボロボロ泣いてしまって「なんで泣いてんねん!!」と言われたこと、部屋で顔を下向きにして泣き続けていたものの二つです。

当時僕の人生の一大目的であった「後輩君」という存在が向こうの彼女の出現によって一気になくなったというショックで何をしたらいいのかわからなくなっていてしまいました。プロ野球選手になるためにずっと野球をやっていた人が「明日からプロ野球はなくなります!すいません!」というアナウンスとともに本当にプロ野球がなくなった世界でその後どうやって生きていこうか、と考えるような無力感というか、何というのか当時もわかっていたことだったのですがやはり目の当たりにすると辛い出来事でした。当時の口癖が「わかってたわかってた。耐えたら終わる」というものだったのですが、外に出た時もカップルなどを見て落ち込むので朝でも夜でもぶつぶつそれを繰り返していました。

そして、辛さがピークになった時にその子に電話をした時に「彼女は彼女、木田さんは木田さんで大事やから」と言われたことで目が覚める思いでした。僕は僕なんだ、というか、自分の人生を自分の納得できるように作り上げていかないといけないなと、そこまでしっかりとは理解できませんでしたが、確かに感覚的に理解したと思います。

そこから長い時間をかけて咀嚼して咀嚼してそれは「経験」になりました。20歳までの僕という人格が作られる過程で、この「経験」は大きな要素の一つになりました、とそう思います。

上手く映画というものを撮れるのか、技術的な部分の勉強はもちろんですし、脚本や様々な要因が素晴らしい映画を撮るための前提にあると思うのですが、第一歩である「これを撮りたい」という思いは自分の中では充分にあると感じています。これを作って、今の自分が大事に思っていることや、いろんなことを外に出すまず最初の大事な一歩であるという思いもあります。


そして、それを撮った後にフェーの篠原さんがおばけ役で主演のホラー映画も撮ります。そちらも上映します。ホラー映画のほうは、もともと篠原さんでホラーを撮りたいという気持ちがあり僕の映画をライブで流すとして、それを見て何かを感じてもらった後にホラーを見せて驚かしてみたい、という気持ちです。東映映画祭りの二本立てみたいなものだと思ってください。

では、システムの説明のほうに、移行してみたいと思います!こちらがクラウドファンディングのページです!!




支援とかって具体的にどうやったらいいの?や様々な疑問があると思います。
まずはページに飛んでいってもらって、2000円~3万円までの様々なリターンがありますので、そちらを選んでいただき金額をコンビニ払いやクレジットカード、銀行振込など様々な支払方法から選んでいただければ、それで完了です!
それで完了です!じゃないですよね。よくわからないことが多すぎます。まず僕のクラウドファンディングの大前提を共有したいのですが、「完成した映像を無料でYOUTUBEや他の媒体で全編公開したりはしません!」

お金を払って購入してくださる方がいるので当たり前なのですが、ちゃんと言っておかないと嫌ですもんね。
「拡散希望!映画を撮りました!!ぜひ見てください!」という文章と共にYOUTUBEのリンクが貼り付けられているなどといった最悪なことはしませんので、承知のほどお願いします。

あとはリターンの中に映画の完成披露ライブに招待、というのもありますがこちらはリターンをくださった方のみの無料招待を考えています。理想では野方の区民ホールとかそういうスクリーンの大きなところやきちんと上映できる場所でライブしようと思っています。阿佐ヶ谷の和室でだけは行わないことを約束します。ライブに関してはその後も、もしかしたら映画上映トークライブなどもやるかもしれませんが、最初に来てくださったお客様にあのライブに行けてよかったなと思っていただくよう特別な仕上がりにしたいと思います!映画祭みたいな雰囲気でやりたいな、という風に思っていますので、楽しみにしてくださったら嬉しいです。

前提の共有が終わりましたので、簡単にリターンの説明していきます!!!ここに全部書くとややこしくすごい長さになるので、詳細はクラウドファンディングのページに書いてありますのでこちらをさっとよんでお手数ですが飛んでみてください!

【2000円】
こちらは一番安いサポートになっています!
こちらのリターンは完成した映像のファイルをメールで送る、という感じですね。

【3000円】
これは完成ライブに招待します、というサポートです!

【5000円】
これは映像ファイルと完成ライブに招待の二つのサポートです

【7000円】
これはライブにこれない人のための全部入り、みたいなサポートです。
映像ファイルと演者のラジオとかありがとう動画とか、モグライダー芝さんとの副音声ラジオもあります

【10000円】
これは7000円にライブ招待もついたサポートですね

【30000円】
これが最大金額のサポートです。3万円てすごい。
これには僕が個人的に撮影する上映はしない男の子のアート映像をつけたり、なんといっても「ガクヅケ木田があなたのためにラップを作ります」というものがあります。僕があなた様とメールなどでやりとりして、お話などを聞いてあなたのためのラップを作るというもので、ラップできるの?君はという感じだと思うのですがYOUTUBEで「ガクヅケ木田 後輩君」と調べてみてください。今のバイト先の人にも「いい曲だよね」と褒められました。ラップ好きなので、誠心誠意込めてリリックを書きたいと思います。他にも様々なリターンがあります!
長々とすいません!ここまで読んでもらってありがとうございます。ツイッターのほうでもクラウドファンディングのリンクは貼っておりますので、そちらからも飛べるので見に行ってほしいです。

目標金額というものがあるのですが、それを50万円に設定していて、今集まっている金額が31万円。8月1日から開始したので約1か月で30万強の支援をいただいているという現状です。ご支援していただいた方たち本当にありがとうございます!!

支援金を集める期限は「9月30日」までです!!!!

これを読んで少しでも、興味を持っていただけたら僕のクラウドファンディングのページに飛んで思いを読んでみてほしいです。
良い作品を撮れるように頑張ります。よろしくお願いします!!!!!!!!!

by akuta-seiryou | 2019-08-28 20:45 | 色々 | Comments(0)


好きな映画や漫画の話 >>