人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

怖いラッパー

この前夜勤のバイトに向かうために新宿を歩いていたらいきなり外国人に目の前でビームサーベルみたいなものを振られて「プーーー!!!」と言われた。

おそらく酔っているか何かで誰かを驚かせたかったところにたまたま僕が歩いてきたから咄嗟に驚かせたのだろう。僕は外国人の思惑通り「わあ!!」と言って大声をあげてしまい、外国人がケタケタと笑っていた。慌てる僕、笑っている外国人。そこで僕はなぜか咄嗟にこっちも笑いながらその外国人を指差して「イェ」と言ってしまった。

これが大層情けなかった。何が「イェ」なのか。男なら怒るべきだ。然として無視するのか、怒る、そのどちらかだと思う。僕の「イェ」は(これくらい何のダメージでもないですよ)という意味を含んだイェで、本当はとても驚いていたのに嘘のリアクションをしてしまっている。これは本当に情けない。ビビってないふりをして嘘で同じ土俵に立とうとしているのだ。全くもってかっこよくない。

これまで生きてきてずっとこういう人に唐突に絡まれることが多かった。最初は中学の頃からで外を歩いてると反対車線の歩道から僕に向かっていきなり「おいデブこら!!こっちこい!!」と知らないヤンキーに怒鳴られたり、最近では深夜の恵比寿を歩いていると前から睨みながら不良が僕に近づいてきて、思わず驚いたら笑いながらそのまま通り過ぎたりまた別の日に中野で「お前のことしってるねんぞ!マセキやろ!!」と謎のスキンヘッドの男に素性を少し知られた状態で遠くから絡まれたりした。もう嫌だ。そういうのは完全に見た目の情けなさで舐められているわけで、怖い外見だったりしたらほとんどはこんな目には会わないだろう。

僕はラッパーが好きだ。最近は中でも外見の怖いラッパーが好きでタトゥーをめちゃめちゃ彫っていたり、常に暴力的な雰囲気を発していたりする人が好きなのである。これはなぜかというと自分と真逆にある存在だから強く惹かれるのだろうなと思う。

この前新宿にKIDNATHANというラッパーにとても似ていて、おそらくそれらしき人がいたので、勇気を出して声をかけた。KIDNATHANという人は首元に大きくハンターハンターの旅団の蜘蛛のタトゥーを入れていて、ガリガリで悪そうな雰囲気がめちゃめちゃある人で、もし学生時代に出会っていたら100パーセント関わりになっていない、もしくはKIDNATHANさんの前で何か失敗したら苛められていただろうなといった雰囲気の人です。本当にこれはもうめちゃめちゃ勇気を出して「すいません、KIDNATHANさんですよね・・?」と声をかけたらきょとんとした顔をされた。終わったと思った。

KIDNATHANさん本人に声をかけるのはいい、もし無視されてもどんな雰囲気になってもそこまで最悪なことにはならないだろう。しかしKIDNATHANに似ているまったく別の人に声をかけてしまったとなると話は大いに変わってくる。ただのめちゃめちゃ怖い人だ。どうしよう、殺される。終わった。僕の死因はただのめちゃめちゃ怖い人をKIDNATHANだと思って間違えて声をかけてしまったことになるのだ。お母さん、奈良のお母さん。東京で調子に乗ってごめんなさい。と思っているとその人が「あ、はい」と言ってくれた。

僕はめちゃめちゃホッとして「ファンです!!」と言って手を出したら「ありがとう。ほんと、ありがとうございます」と言って強く握手してくれた。KIDNATHANさんは優しかった。

ホッとすると調子に乗ってしまうのが自分の悪い部分で「ああ、そうだけど」と言ってどこかに行ってくれるぐらいがよかったなあと思ったがよく考えると全然そんなことはなかった。ファン対応をしっかりしてくれて嬉しかった。ありがとうございました。新曲もかっこよかったです。

話が少しそれましたが、僕はこういう人に憧れがあるのです。首に旅団の蜘蛛のタトゥーを入れて新宿を闊歩するなって悪すぎる。自分を強く持っている。もし僕が首に旅団の蜘蛛のタトゥーを入れたら、まず即効でマセキ芸能社を解雇になりフリーになり、そこから首に旅団の蜘蛛のタトゥーを入れているからコントもうけずガクヅケも解散、見た目が太ってるしかっこよくないのでラッパーになれる訳でとなく、首の旅団のタトゥーのせいでバイトの面接も受からなくてもうどうしようもなくなり実家に帰る。実家は奈良なので奈良に住んでる首に旅団の蜘蛛のタトゥーがあるただのデブになるのだろう。どうしようもない。KIDNATHANさんの様な人生は僕が絶対に歩めない人生なのだ。

僕もそういう人生を歩んでみたい。今僕はジムに通っていて、その理由というのも彼女に「太りすぎ。醜い。もうええわ。ありがとうございました!!」と強制暗転ツッコミをされて彼女の目の前で「綺麗になりたい」とバレリーナのようにウォンウォン泣いて通いだしたという悪さからは程遠い理由なのですがこのおかげで今少しずつ筋肉がつきだしている。

筋肉がつくというのはかなり嬉しいもので、不思議と自信もつく。今日もお笑いライブに出演した時に本番前に矢野号さんに「明らかに痩せてるなあ」と言ってもらった。嬉しい。この前もフカミドリ杉山さん(※マセキの先輩芸人!!!)に「木田ほんと痩せたね」と言われてキュンとしてしまった。女だ。

この前実家に帰ったときに僕の「赤ちゃんノート」というのが見つかって僕が生まれる前や生まれたすぐ後のことをたくさん書いてあったので興味深く読んでいたのですが、そこに「お医者さんが80パーセント女の子と言っていたけど生まれたら男の子だった」と書いてあって産まれる前から僕がバイなのを予知していたのかと思ってゾッとした。

バイなのはいいのですが、とにかく僕は筋肉を増やして体をシャープにして悪いラップのPVを撮りたいのです。歩めなかった人生を擬似でもいいので歩んでみたい。今はそう思っています。終わり。

by akuta-seiryou | 2018-03-25 20:43 | 思い出 | Comments(0)

彼女に怒られた話

ジムに通っている。ジムというとあの筋肉をつける施設のジムだ。きっかけは彼女に「本当に太りすぎている」と絶望したような表情で言われたからだ。

思い返せば、僕は彼女の家にいて朝ごはんを買いにコッソリ外に出て近所のコンビニで買い、彼女の家でビックコーンマヨネーズパンを食べながら食いかけの半分を見せて「食べる?」と聞いて無言で首を横に振られ、なんとなく怒っているなかもという気配は感じつつも本当に怒っているという現実を受け止めるのが怖いし嫌で何気ない会話、何気ない会話を続けたいと思いその時ふと触っていたスマートフォンの画面に映っていた「マクドのポテト全サイズ150円」というクーポンを見つけてしまい「すごい、見て。マクドのポテト全サイズ150円やって」という最悪の報告を彼女にしてしまい、すると向こうはやはりもう心底あきれ果てたという表情になりそれを確認して初めてああ、やってしまったと思った。

だいたいが僕はどんどん太っている。彼女と付き合い始めてから8キロは増えたのではないだろうか。見る見るうちに太っていく彼氏が、起き抜けにノソノソとコンビニに行ってコンビニの中で1番でかくて1番マヨネーズの乗っているコーンマヨネーズパンを買ってきてモソモソ食いだして、それをどういう気持ちからなのか「半分食うか?」と勧めてくる。山賊みたいだ。それだけでも充分に勘弁してくれという事態だろうに、次はマクドナルドのポテトが全サイズ150円だという情報を提供してくる。Lを買おうとしているに決まっている。コーンマヨネーズパンを食べてる最中に次の飯のクーポンを見ているというのも嫌だっただろう。

恋人に嫌なことはしてはいけない。恋人が恋人を殴るのはダメだ。暴力は相手の心を歪める。言葉での攻撃もよくない。相手の心を虚弱させて関係を歪めるのは暴力と同じである。

では、太り続けコーンマヨネーズパンを食いまくりマクドのクーポンの話しかしないのはどうなのか?これはもダメである。食の暴力だ。僕だって彼女がどんどん太りまくり、コーンマヨネーズパンばかり食べてマクドのクーポンを見せてきて「今度一緒にいこう」とニヤニヤ言って来たら嫌だ。

そうだ、ダメだ。ダメなのだ。と僕は深く反省して、マセキの先輩バーニーズの細田さんに連絡して細田さんの家の近くの焼き鳥屋で話を聞いてもらい「太ってて、汚くて、それは、ダメなんですよ!!!!」と焼き鳥屋で号泣して細田さんの家までついていき無理やり家に泊めてもらい、深夜起きてトイレにいき水道を捻って眠って翌朝6時に帰宅。

すると次の日に細田さんから「ガスが止まった」と連絡がきて「ガス?」と思うと、どうやら僕が深夜にトイレに行って戻る際に手を洗った水道がお湯だったらしく、僕がそのお湯を出しっぱなしにして爆睡していて一度に異常な量のお湯を使ったということでガスが止められたらしい。細田さんには以前も焼き鳥屋で彼女の話をして大号泣していたら、次の日に細田さんだけ食中毒になったということがあり
「バイの恋愛の話を聞くとろくなことがおこらない」と言われた。優しい先輩です。

そして次の日に僕が高校時代からツイッターでお世話になっていた爪切男(本が出版されました!面白かったのです)さんにもお会いして、また同じく彼女の話をして延々勝手に塞ぎこんで焼肉を食べさせてもらい、それでも帰り道爪切男さんにずっとついていき「一人になりたくないです」「朝の5時まで一緒に喋っていてください」と言い続け、コンビニ、近所の公園でジュース、など付き合ってくださり最後爪切男さんの家の前まで行ってもなかなか帰らない僕に「はよ帰れ!!一人の時間を過ごすんや!!」と大人なセリフで激励してくださり、非常にかっこよかったです。

このお二方と彼女の三名におおいな迷惑をかけ、とうとう僕は自分自身が自分自身を確立するのは精神であるが、その精神とは肉体と大きく依存してあるということを実感するにあたったのでありました。

いきなり変な文章で書きましたが「健全な精神は健全な肉体に宿る」という昔から言われていることを身をもって感覚として理解したということです。夜勤もやっていてただでさえ運動不足な体、これをほったらかすことでまず気持ちもくたびれていき、それが余計表に、外見という形で出る、そうするとどうなるかというと自暴自棄になり朝からコーンマヨネーズパンをむしゃむしゃ食べて恋人にショックを与えてしまう、そうして自分もショックを勝手に受け、バーニーズ細田さん、爪切男さんにまで迷惑の波状は進んでしまうということです。

風が吹けば桶屋が儲かるの現代版、木田が太ってショック受けて相談すればバーニーズ細田さんの家のガスが止まるです。

そんなこんなで、ジムに通っているのですがこれがやはり想像通りかなり良いです。

僕は高校時代野球部に入っていて、その時今以上に筋肉をつけたいと思いジムに通っていたのですがその時の自分の筋力がどんどんと増えている実感が来た時の高揚感、これが久しぶりに体にきた時は懐かしさに感動しました。もっともっとムキムキになりたい。ありえないくらいムキムキになりたいんです。

instagramも始めました。どんどん痩せていく自分をおしゃれに記録していこうと思っています。しかし今は手軽に加工アプリで顔を撮って載せるのにハマッています。手抜きをしてはいけません。

彼女とご飯を食べる時もマヨネーズ系やギトギト系などには関心を示さない雰囲気を前面に出し、外食先を探す際も量の多いラーメン屋の前で立ち止まらないなどを徹底することで意識の向上に努めていきたいと思います。
終わり。

by akuta-seiryou | 2018-03-09 16:10 | 思い出 | Comments(0)